プロフィール

  裕一

理容師・美容師・再現美容師・管理理容師・ケア理容師

妻は一人ですが、子供は2人(中学生の娘、年中の息子)


■学生時代

中学、高校とクラスでは目立つことなく
部活はソフトテニス部に所属していましたが、コレといった成績を収めたこともなく
何とな~くな学生生活を過ごしていました。

高校は地元では2番目の進学校だった弥生ヶ丘高校。。
しかし、勉強は嫌いで、先日、通知表が出てきて改めて見てみると
「あ~、国語と社会はダメだったけど、数学は普通だったんだ~、、、」
と懐かしく思っていたら、美術が「9」
10段階ということを忘れていました(大汗)
つまりバカだったことを思い出す。。。

高校2年生の終わりごろ、進路を決める際、特に何になりたいわけでもなく、
また、何をしたいわけでもなく
両親に薦められ家業であった理容の世界に進むことにしました。


■専門学校、修行時代

専門学校は東京にある、当時、業界では一番のところに何とか入学
と、同時に、神奈川のお店に就職し、昼間は学校、帰って来てからお店という生活。
学校とお店の休みの日が違っていたため(学校は、日・月、お店は火曜日と第三月曜日)
本当にゆっくり出来るのは月に一日だけ。
お店では仕事が終わってから練習をするため睡眠時間は毎日4、5時間あるかないか。
おかげで体重が10キロ近く落ちる。。。
たぶん一番痩せていたときだと思います。

当時、専門学校は一年制だったが、成績上位100名は、より高度なことが学べる二年生があり
上の方がキャンセルしたため、運よく二年生に行くことが出来ました。が、

2年間そんな生活だったので、授業中は爆睡(汗)
おかげで東京の国家試験(筆記)を受けたが2回落ちる。。。
当時、東京は筆記問題が難しく、実技試験は簡単
神奈川は筆記問題は簡単だが、実技試験は難しい
上位100名の二年生に行っている中で、合格していないのが僕だけだったため担任から心配される。
「このままでは免許が取れない!」という危機感から神奈川に切り替え無事取得


■神奈川での修行時代

お店では、お客様につくには全てテスト制
シャンプーもテスト、顔そりもテスト、カットもテスト
そのために駅前で練習モデルをお願いするのだが消極的な性格のため、なかなか声をかけられず
練習時間いっぱいまで声をかけず、他のスタッフと一緒に近くをフラフラ歩いていたことも度々。

さらに不器用だったため、覚えるのが遅く、また先輩やオーナーから良く怒られる。
が、両親の「他人が出来て、自分が出来ないわけがない」
「最低でも5年務めることが出来なければ、何をやってもダメだ」
という言葉を胸に踏ん張って8年在籍
もっと仕事の幅を広げたいと思い退社。東京のお店に移ることに。


■東京での修行時代

東京では理容・美容のお店に入社し仕事の幅を広げようと頑張るも
お客様への対応について、オーナーと何度も衝突(汗)
若かったからね、、、(笑)
おかげで2年弱でクビになる(爆)
ついに田舎に戻ることを決心する。

ちょうどこの時、大型バイクの免許を取るために八王子にある教習所?に通い
当時は一発免許だったため、2回目で何とか合格。
前から欲しかったヤマハのV-MAXを中古で購入。


■生まれ育った伊那市へ

祖父から継いだお店も僕で3代目になりました。
実家に戻ってきて数年してから、通信教育で3年かけて美容師免許を取得。
また、月に1日、日帰りで東京に勉強に行っていました。
ただ、高校を卒業し、10年間離れていたためか
最初の頃はお客様に受け入れてもらえてないな、、、と感じることもありました。

都会での生活とは違って自由になる時間が増えたため
V-MAXから流行だったビックスクーターに乗り換え
中学時代からの親友とバイクで北海道に4年連続でツーリングに行ったり


趣味でクレー射撃の免許を取ったり、
ワインの資格を取ってワイン会をしたり
フランスのボルドーにマラソンに行ったりしました。


遊び過ぎて経営が危なくなり(爆)
バイクを手放し、銃の免許を返納し経営の勉強をコツコツとしています。
今は、経営の勉強が楽しくて仕方がないですね。


■現在

NPO法人に参加し、抗がん剤治療による脱毛で困っている方のために
医療用ウィッグの作製などの活動を続けています。

休みの日は、一人で山に行ったり、ボルダリングのジムに行ったりしています。

山は、北アルプス(燕岳、常念岳、蝶ヶ岳、唐松岳)南アルプス(仙丈ヶ岳)を主体に登っています。
僕が山にハマったのは、初めての山って分からないことだらけで緊張するけど、
1歩を踏み出さないと先に進めないし分からないことだらけだし、

頂に向けて歩く中で、他人に抜かれることがたくさんあっても、
歩くことを止めなければ、いつかは山頂に着く。

途中では、お互いを励まし合ったり、協力しあったり、、、
そして最後はご褒美として感動の景色が待っている。

というのが人生や仕事と似ているな~と思ったからなんです。


これって、例えば仕事でいうと初めてのお客様って正直緊張するんです。
ご希望に沿うようにカット出来るかな?喜んでいただけるかな?って、、、
でも、全身全霊で仕事をしないとお客様にも喜んでいただけないし、
自分自身も感動がないですよね。


また、育毛でいうと
人によっては成果が見て取れるのは早い人もいれば
時間がかかってしまう人もいますよね。
長い道のりの中で、一人では途中で諦めてしまいそうになるかもしれませんが
僕が少しでも支えになれば、どれだけ時間がかかろうと
自分のペースで前に進めば結果が出てくると思うんです。

そんなことを思いながら、山に登ったりしています。

写真は、2015年に登った剱岳山頂です。


また、2ヶ月に一度くらいのペースでワイン会を開催しています。(^^)v
ワインは奥が深いので、まだまだ分からないことだらけですが、
人との出会いが楽しいですし、何よりも皆さんの喜ぶ顔が見たくて続けています。


これからも、わざわざ遠くから、また、何件もお店を通り越してご来店いただいているお客様のために
今まで学んだ技術を元に、丁寧な仕事を心掛けています。